Accessibility

島田市立初倉南小学校WEBサイトです

HOME学校案内学校長あいさつ

学校長あいさつ

地域とともにある学校

初倉南小学校長  栗田恵理

   桜の開花が例年より遅れたことにより、今年は満開の桜の中で始業式と入学式を行うことができました。元気いっぱいの可愛い44人の1年生を迎え、全校児童314人で令和元年度の初倉南小学校が始まりました。5月25日(土)の運動会には、大勢の皆さんに応援と拍手をいただき子供たちは練習の成果を存分に発揮することができました。

 日頃、PTA役員の皆さんをはじめ保護者の皆さん、地域の皆さんには、本校教育について御理解と御協力をいただき感謝申し上げます。

 さて平成29・30年度の2年間、初倉中地区4校は、島田市指定の「夢育・地育推進研究」に取り組み、子供達の目標に向かって努力する力や周りの人と関わって思いや考えを伝える力、地域を大事にする心を育んできました。令和元年度は、これまでの研究成果を受けて、島田市教育委員会指定の「コミュニティ・スクール」の研究に取り組んでいます。

 本校には、保護者や地域の皆さんの御協力によって成り立っている学習や活動がいくつもあります。昨年度立ち上げた「南っ子わくわく遠足」もその一つです。昨年、遠足で地域の人や事柄に出会い興味をもったので休みの日に家族と一緒に調べに出かけた、という子もいました。正に「地域から学び、考え、地域で行動する子」の姿です。1年生や2年生は生活科の学習で、こども園や保育園の幼児さんや地域の商店の方に出会い、目標に向かって活動する機会をもつことができました。3年生や4年生は「お茶の学習」と「お年寄りの皆さんとの交流」を通して地域から学ぶ楽しさと共に自分から行動する喜びを感じることができました。5年生の「米作りの学習」や6年生の「しめ縄の作り」も同様に、多くの地域の皆さんに関わっていただいています。そこでも、目標に向かって努力する姿や地域の方々との交流を通して自分の思いを伝える姿を見ることができました。令和元年度も、これまで大事にしてきた地域の皆さんと作る学習や体験を更に充実させたいと考えています。10月の「南っ子わくわく遠足」についても、新たな人との出会いや新たな地域の事柄を現在調べているところです。

 4月5日の始業式で、本年度の重点目標「自ら動き 共にのびる子」と合言葉「ぼくがやる わたしがやる いっしょにやろう」を全校で確認しました。職員一同、子供達の自ら動く姿、友達と励まし合って成長しようとする姿を価値付け、次の行動につながるように励ましていきたいと思います。本年度も、保護者の皆さんの御理解と御協力を、どうぞよろしくお願いします。

                                                        

 

このページの先頭へ

月別ページ一覧

カレンダー

2019年8月
曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
1 2 3 4 5 6 7